ドメインの登録が保留中です。1 時間後に再度ご確認ください

最新情報

リンから考える健康

リンはタンパクに含まれています。
糖質制限でタンパクを取りすぎると腎臓にとってマイナスが大きくなる可能性があります。それはおそらく不均一です。


① 外因性のリンを抑える 植物タンパク > 動物タンパク > 食品添加物、加工食品

やはり植物性タンパクの方がプラスが大きいようです。動物性はまだいいですが、添加物などの無麒りんは吸収率が高いので添加物や加工食品は避けた方がいいです。

② 内因性のリンを抑える 運動(座位行動を避ける。

座位行動で骨は弱くなります。それが腎臓に①と合わせ技で負担をかける可能性があります。

運動し、主なタンパク源は植物性。加工食品、...

詳細

私はそれでも働きたい

末期がんの従業員の方が私に話してくれたことです。
病気でも、通院が大変でも、薬の副作用があっても、仕事で大変なことが重なっても働きたい。

私は労働が苦になって不調になる方の話を聞くことが多いですが、一方で働きたいと強い気持ちを語ってくれる方もいます。生きがいとは他者貢献である、そう感じさせてくれます。生きるため、お金のため、出世のため、人に勝つため、楽をするため、様々な理由で人は働いています。働く動機の多くが利己的ですが、ときに利他的にもなります。

そういう瞬間、そういう人に出会えることは幸せだと思います。

きっと皆さんの身近にいるはずです。どうか一緒に過ご...

詳細

認知症でも働くために

職場でも遭遇することはあります。午前と午後を間違えて出社してしまい、上司から相談されるケースなどです。今後高齢化が進むので、認知症を抱えながら働く状況は増加していくでしょう。

とても参考になる本があります。医療従事者でなくても問題なく読めます。
最高の老後 「死ぬまで元気」を実現する5つのM 単行本(ソフトカバー) – 2022/6/24
山田 悠史 (著)

ポイントの抜粋です。
ーーー
65歳以上は5人に1人が認知症

認知症のヒント
日常生活を自立して送ることが難しくなった。

原因疾患
・アルツハイマー
・脳血管性認知症
・レビー小体病
・NPH
・v...

詳細

身近な危険 はしご

一般家庭でも使用されることが多いため、かなりの高所でも特段の安全対策なく使用されていることはよくあります。

ポイントは3つです。
・上部と下部の固定、滑り止め
・上端を60cm出す
・立て掛け角度は75度程度にする

他にも高所作業関連なら以下の二点も注意が必要です。
・1.5m以上なら昇降設備が必要
・2m以上なら作業床もしくはハーネスが必要


夏場は湿度が高いため滑りやすく、暑さで集中力も低下しがちです。基本的な対策を徹底しておきましょう。

身近なリスク ボンベ

ボンベや有機溶剤はかなり身近にある危険源です。ちょっとだから、、と油断はしていないでしょうか?

特にボンベはどの程度の高圧が危ないのかイメージしにくいので、管理が厳しくないこともよくあります。

爆発で死亡することは十分あり得ます。

ボンベ管理pointは4つです。
① 温度管理 40度以下、屋内で直射日光を避ける、火気がない
② 固定   転がり防止のために原則縦置きで上下の二か所を固定
③ 腐食   耐用年数を確認し、定期的に腐食がないことを確認 
④ 換気   特に可燃性、有毒ガスは換気の良い火気のない場所で管理

安全管理者が主体ですが、少しでもリスク...

詳細

市街地はどこですか?

最近、道端で話しかけられることが増えてきました。産業医をするようになってから明らかに増えています。その中で驚いた質問があります。

「市街地はどこですか?」

そんな質問はじめてです。市街地は範囲が広く、どの辺りを指してるのかが分かりません。当たりをつけて、具体的な地名を出して案内しましたが全く別方向に進んで行きました。

違ったのかな、、、。ひょっとしたら市外地だったのかもしれません。

普段コミュニケーションとっていない相手には具体的に、丁寧に質問をしましょう。普段話さない上司や新人さん、お客様相手も同様です。コミュニケーションが十分とれて、お互いの文脈を共有...

詳細

不調者対応の役割分担について

誰かに責任が集中しないように注意する必要があります。中小企業であれば社長がすべてを担うケースもありますが、しんどい時も多いのでチームやった方がベターです。

労務提供の定義が不明確な場合は、復職前に実際の業務のイメージを一致させておきましょう。

上司 生産性を担当
最低限やって欲しい業務を整理し、本人に提示する。(復職時に超えるべきハードルを設定する。)これがないと労務の提供ができない人が会社に来てしまう。

人事 職場のルールを担当
休職期間や配慮期間など就業規則に記載されているもの、ないものを含めて会社のルールを本人に伝える。これが機能しないと規則に...

詳細

身体活動をpoint 過剰に単純化

・1週間に150分歩きましょう。
・1週間に2日筋トレしましょう。
・座位の時間を減らしましょう。

有酸素運動と筋トレを分けて、出来れば両方やりましょう。走るを75分でもOKです。歩数では1万2千歩/日が目安です。筋トレは大きめの筋肉を狙って、怪我しない範囲で取り組んでください。

加えて座っている時間を極力減らしましょう。長時間の座位は明確な医学的リスクです。心臓病、がん、糖尿病のリスクを高めます。

仕事も散歩しながら、立ちながらするように工夫してください。少人数なら打ち合わせは歩きながらでも出来るはずです。スタンディングデスクの導入もありでし...

詳細

社長がデカい!

大小様々な会社を担当しています。健康について効果を実感できる会社は社長もしくは創業者が熱心です。

うまくいく社長の共通スタンス
・とりあえず、やってみよう。
・うまく行ったら会社に取り入れよう。
・取り得れたら改善を継続しよう。

あと若手を評価していますね。

特に初回の関わりがうまくいけば、自走してくれます。見切りが早い人も多いので、初回がうまくいかないとしんどくなることもありますが。

健康だけでなく様々な課題についても頭でっかちにいろいろ考えるより、行動する人が今の時代はベターと感じています。大きな会社もいいですが、フットワークのある中小企業やコミュニティーに...

詳細

産業医、社会保険労務士として企業を支援します。

産業医とは

職場において労働者の健康管理等を効果的に行うためには、医学に関 する専門的な知識が不可欠なことから、常時 50 人以上の労働者を使用する事業場においては、事業者は、産業医を選任し、労働者の健康管理等を行わせなければならないこととなっています。  

産業医の選任

・常時50人以上の労働者を使用するに至った時から14日以内に産業医を選任する必要があります。
・産業医を選任した際は遅滞なく所轄労働基準監督署長に届け出る義務があります。
・産業医に欠員が出た場合も同じく14日以内に選任し遅滞無く所轄労働基準監督署長に届け出なければなりません

産業医の職務

産業医は、以下のような職務を行うこととされています。
 (1)健康診断、面接指導等の実施及びその結果に基づく労働者の健康を保持するための措 置、作業環境の維持管理、作業の管理等労働者の健康管理に関すること。
 (2)健康教育、健康相談その他労働者の健康の保持増進を図るための措置に関すること。
 (3)労働衛生教育に関すること。
 (4)労働者の健康障害の原因の調査及び再発防止のための措置に関すること。

社会保険労務士とは

企業の成長には、お金、モノ、人材が必要とされておりますが、社労士はその中でも人材に関する専門家であり、「労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資すること」を目的として、業務を行っております。

社会保険労務士の職務

(1)書類等の作成代行
(2)書類等の提出代行
(3)個別労働関係紛争の解決手続(調停、あっせん等)の代理
(4)労務管理や労働保険・社会保険に関する相談等を行うのが、
社会保険労務士です。

※(3)については、紛争解決手続代理業務試験に合格した「特定社会保険労務士」のみ行うことができます。

産業医×社会保険労務士で出来ることとは

「人」こそが企業にとって最大の資産です。人に関する課題を産業医として解決し、得られた成果を社労士として就業規則に落とし込みます。

企業にもたらす価値は3つです。
(1)人課題の解決が円滑になる。
(2)就業規則改定で類似ケースに困らない。
(3)管理職の負担が軽減する。

管理職(特にプレイングマネージャー)の方々は多忙です。マネージャーは昔と比べて権限が限定され、給料も下がり、業務が増えた。そんな方も多いのではないでしょうか?私は労使双方の利益を最大化することだけでなく、管理職の負担を少しでも軽減したいと常に意識しています。

フラットな関係を重視
企業、経営者、管理職の方々を顧客ではなくパートナーと考えています。フラットな関係で課題を解決するためにチーム作り、企業価値向上のために一緒に取り組みます。

対象企業
すでに取り組まれている企業だけでなく、初めてでも全く問題ありません。むしろ、今まで取り組んでいなかった会社にこそ大きく成長できるチャンスがあります。規模、業種は関係ありません。

直接訪問対応は関西全域、オンライン対応は全国です。 セミナー依頼についてもお気軽にお問合せください。(電話受付はセミナーに対応しています。)

お問い合わせ

お問い合わせ

今すぐ電話
  • 050-5435-0557
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。